2013年03月12日

犬の貯金箱

妹が中学生の頃、お誕生日に犬の貯金箱をプレゼントしました。
壁掛け式で目がくりくりとしたビーグル犬の瀬戸物でした。
妹はとても喜んで、毎日のように小銭をせっせと貯めていました。
ある日、母が妹の部屋を掃除していて、うっかりこの貯金箱を割ってしまいました。
とても気に入って大切にしているのを知っていた母は、大急ぎで同じものを買いに出かけましたが、
残念なことに全く同じものは見つからず、妙に顔が間延びしたダックスフンドしかありません。
仕方なく、買ってきて、こっそりと壁にかけておりました。
妹が学校から帰ってきて、部屋に入った途端、「お母さん来て〜〜!」と叫び声。
母は、ばれたと観念して妹の部屋に行きました。
妹は興奮状態で「お母さん、犬の貯金箱は、お金を貯めると重みで長く伸びるんだよ!」
母は、「私が割りました、ごめんなさい」と謝りながら、妹の反応に、なぜかむなしい気持ちに
襲われたそうです。…妹、中学生の時の話です。
(妹は後日、当然ながら「瀬戸物が、伸びるわけないやろ!」と突っ込まれておりました)



犬.jpg
posted by 店長 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

そっちむいて

冬休み、孫のH君は、家庭科の宿題に調理が出ています。
できた料理の写真を撮らねばなりません。
ママに指導してもらって、オムレツにチャレンジ。
さっそく玉ねぎの皮をむきますが、なにぶん料理には不慣れですから、要領がわかりません。
見かねたママが、「半分に切ってからむくと簡単よ。」とアドバイス。
玉ねぎを半分に切って、H君に渡します。
「はい、ママがこっちをむくから、H君はそっちむいて。」
「ん?ママ、なんで?どうした?」
見ると、H君、玉ねぎを半分持ったまま、ママに背中を向けて、じっと立っていたそうです。
(そっち向いてじゃなくて、そっち剥いて…だよ。)

ちなみにオムレツは無事美味しくできたそうです。


玉ねぎ.jpg



posted by 店長 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記