2012年10月05日

わかった!

もう40年くらい前の話ですが、母とその姑である祖母との会話。
食卓で出た「おこぜ」の話題です。
祖母「おこぜってどんな魚?」
母「あら、お義母さん、ご存じでしょう?よくお味噌汁とかに使いますよ」
祖母「えー?どんな魚?」
母「ほら、とげがいっぱいあって、目玉が飛び出してて」
祖母「???」
母「おかしか(変な)顔した魚ですよ」
祖母「わからん…」
母「ほら、不細工な顔した汚い色した魚!私みたいな魚ですたい!」
祖母「あーーー!わかったわかった!」
母「…(怒)」
祖母の理解したタイミングが最悪だったようです。


おこぜ.jpg

おこぜの全貌

posted by 店長 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月05日

ちょっと待った!

娘一家と同居している私の母。先日、お風呂に入ったときのこと。
昔の人は、毎日シャンプーする習慣がありません。もちろん母は、昔の人。
何日ぶりかでシャンプーをしようと、シャンプーのボトルを探しました。
すると見慣れないチューブ入りのものを発見。
なぜかシャンプーに違いないと確信した母。
髪を濡らし、そのチューブから、たっぷりとクリーム状の中身を手に取って、頭につけようとしたその瞬間、(どんな匂いやろか?)と思った母、その手を鼻のところに持っていきました。
すると、芳香の中に、何とも言えない刺激臭を感じました。
(なんだか変)とっさに、その手を洗って、孫娘を呼びました。
急いで駆け付けた私の娘の話。
「おばあちゃん、脱毛剤を頭につけようとしとった」そうです。
みんなから、「シャンプーがクリーム状ってふつう無いやろ!」と言われながら、
脱毛剤シャンプーを使った後の、自分の頭を想像して、ビビった母でした。


MH900435272.JPG

posted by 店長 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月07日

私はカバ

ちょっと前のことです。
運動不足がたたって、すっかり腰の調子が悪い私。お医者さんの勧めもあって、近所のスポーツクラブへ。
元来、スポーツが苦手というより嫌いな私。メニューは、プールでのウォーキングにしました。もともとメンバーだった主人と一緒に、いざプールへ。
じつは、主人は、スポーツマン。水泳部に所属していたこともあったそうで、見事な泳ぎです。
「教えてやるから、泳いでみろ」と愛情いっぱいの上から目線。
一生懸命平泳ぎを披露した私の前に、溺れそうな状態で笑いこけている主人の姿が。
「ぎゃはははーーー、カバみたい!」
一瞬むっとしたのですが、想像してみると、あまりにもぴったりの表現なので、怒るより脱力してしまいました。
その後、主人の指導の甲斐あって、カバだった私は、酸素の足りない池のフナにまで昇格しました。

…運動なんか嫌いだ…


006.JPG

運動不足のまーくん あっちへごろごろ



007.JPG

こっちへごろごろ


002-1.jpg

無理やりお風呂に入れられておかんむりのリリーちゃん


posted by 店長 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月21日

山中さんのかっぱ巻き

学校を出て初めて社会人になったころの話です。
会社の先輩に山中さん(仮名)という男の人がいました。
大川栄策に似ていて、あまり女性にもてるタイプとは言い難く、もっさりしているという表現がぴったりの人でした。
ボーナスが出た日、会社のみんなでご飯を食べに行こうということになって、近所にできたお寿司屋さんに出かけました。
みんな、それぞれに好きなものを注文したところで、山中さんは「かっぱ巻き」と一声。
山中さん、ちょっと地味。
注文した品が運ばれてきて、食べようとしていたら、山中さん、かっぱ巻きの中のきゅうりを、一心不乱に箸で押し出しています。
「山中さん、何してるの?」不思議に思ってききました。
「俺、きゅうり好かんもんね。」せっせときゅうりを押し出す山中さん。
「へっ…?」その場にいた全員絶句。
きゅうり嫌いだったら、かっぱ巻き頼むなよ!
帰るころには、山中さんのお皿の上に、押し出されたきゅうりがこんもり残されていました。


かっぱ巻き.jpg
posted by 店長 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月05日

味の素の味

いつだったか、妹の家で、食事をごちそうになったとき、とても丁寧にだしをとったり、味付けを工夫しているので、感心して
「化学調味料使わないんだ。すごいねえ。自然派?」と言いましたら、
「姉ちゃんのせいやろ!」とキレられました。
じつは、妹が5歳くらいの頃
「姉ちゃん、味の素ってどんな味?」と聞きますので、本当はそのままだと超マズイのを知っていた私、ビンの蓋をちょっと舐めるふりをして、
「おおーー!美味い!」と叫んでみせました。
妹は、「ほんと?!」と、とっても嬉しそうな顔をして、ビンの蓋をべろりんと舐めてしまったのでした。
悶絶とは、あの状態を言うのでしょうか。床で、妹がのたくって泣き叫んでいました。
それ以来、妹は、料理に化学調味料が入っていると、気持ち悪くなるらしく、すべて自然の材料しか使えなくなったんだそうです。
妹よ、すんません。姉ちゃんの冗談が過ぎました。
まだ、味の素を、舐めたことがない方、悪いことは言いません。
世の中には、知らない方がいいこともたくさんあるんですよ。



005.JPG


食洗機のチェックに余念がないまーくん



014.JPG


それを冷たく見つめるりりーちゃん

posted by 店長 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月08日

つれづレター番外編

今は亡き父と孫の合同誕生日の模様です。


003.jpg

孫のケーキは、準備万端。好きなキャラクターで特注。



001.jpg

父のケーキは、誕生日を忘れていたことがバレバレのただのロールケーキ


002.jpg

ろうそくを立てたら、精霊船になってしまいました。



精霊流し2.jpg


本物の精霊船です


posted by 店長 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月03日

かつみおばちゃん

もう亡くなりましたが、母方の伯母でかつみおばちゃんという方が、埼玉に住んでいました。大和屋大宮店の社長のお義母さんです。
早くに父親を亡くし、苦労して育ったので、なかなかの締まり屋さんです。
一人でご飯など食べません。ほとんどお昼は抜きだったようで、着ている下着もご主人とか子供のパンツやシャツを縫い縮めたものでした。(パンツの前を縫い合わせた実物を見てびっくりです)
私が、学校を卒業して、関東の親戚めぐりをしたとき、このかつみおばちゃんの家にも数日厄介になりました。
さすがに、私が一緒だとお昼を抜くことはできないので、いとこたちと一緒に食事に行ったりしていました。
ある日、誰もいない午後、「今日のお昼は、お茶漬けでいい?」と聞くので、
「もちろん、いいですよ。」と答えた私。
すると伯母は、お茶碗に、前日の冷ごはんをよそって、ポットから、お湯を直接かけたのです。
「えっ?!」と思いましたが、伯母は、「はいどうぞ」と、お箸とともに、私の前にお湯漬けを置いたのでした。何も入っていない、お茶ですらないお湯漬け。
当然のように、お湯漬けをサクサクと食べる伯母。戸惑いながら、私もいただきました。
無言で。
ついに「お漬物は?」と聞けなかった私でありました。



001.JPG


お漬物って何?



002.JPG


猫は知らなくてもいいものらしいわよ。


posted by 店長 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月04日

いくらなんでも

先日、母が住む町内の方に不幸があり、母も葬儀に行くことにしました。
普段、あまり外を出歩かない母は、タクシーで斎場へ。
当日の斎場は、何件か葬儀がありましたので、名前を確認しながら会場へ。
受付を済ませ、周りを見回すと、意外にも知らない人ばかり。長いこと町内に住んでいながら、共通のお知合いがこんなに少なかったのかと、悲しく心細くなったのでした。
さて、式も進み、いよいよご焼香の時間。列に並んで、いざ焼香をというときに、故人の写真を見て、「あ、知らない人だ」…母は、頭の中が真っ白になったそうです。
動揺を隠しながら、焼香を済ませ、最後まで式に参列した母。
当然、お香典もお渡ししております。
「苗字がおんなじだった」と言い訳をしておりますが、間違われた方の遺族の方たちは、もらったお香典の心当たりがなく、首をひねったことでしょう。
「お香典を二重に出してしまった。」と、年金生活者の母は、嘆いております。
お母さん、嘆くポイントずれてますけど。



041-1.jpg

可愛いリリーちゃんの寝顔



019.JPG

可愛い?まーくんの寝顔


061-1.jpg

真昼の決闘ごっこ

posted by 店長 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月05日

卒業

かれこれ46年前の私の小学校の卒業式のこと。
担任の先生から、「卒業式の日には、皆さんになにかひと言ずつメッセージを言ってもらいます」と、前もって言われていたにもかかわらず、すっかり忘れてしまっていた私。
クラスメートは、どんどん将来の夢とか、楽しかったことなど、教壇に出て発表しています。刻々と近づく私の番。「困った。何にも浮かばない」
いよいよ私の番になり、教壇に進み出て、とった行動は!
「今から、犬の鳴き声の真似をします。うーーーわんわん!次は猫です。んにゃあああ。」
先生、クラスメートは、ドン引きです。
「では、この犬と猫が出会ってけんかしているところ。うわんうわん、しゃーっ、にゃーご!」(このあと、延々とけんか状況が続く)
卒業式の後のしんみりした雰囲気は一変して、全員大爆笑。

先日、小学校の同窓会があり、恩師とともに過ごしましたが、クラスメートが
「卒業式の日、自分が何を言ったか忘れたけど、あれは、忘れられんかった」
と言ってました。
恩師曰く「あんな経験は、あれが最初で最後です」だそうです。



020.JPG

まーくん、アクロバティックな寝相です


posted by 店長 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月02日

やっぱり子供

お正月、久しぶりに福岡の娘たちが帰ってきました。
2年ぶりの長崎に、孫たちも大喜びです。
ただし、じいじは別。
年末から右まぶたの調子が悪く(のちにヘルペスと判明)、腫れ上がって痛みもあるようです。
視界が半分になったせいか、とても疲れるようで、せっかく孫たちと遊んでいたのを切り上げて、
「今日はもう寝る」
孫たちは、
「えーーーー!まだ8時だよ。子供でもまだ起きてるよ。じいじは、子供じゃないのに」
と不満顔。
私が、「じいじは、疲れてるんだよ。寝せてあげようね。」
じいじ「痛いんだよお」(泣く真似)
孫たち「ふうん、そうかあ」
しぶしぶ納得したようでしたが、今年年長さんになる下の孫が、呆れたように横目でじいじを見ながら
「じいじは、やっぱりまだ子供だねっ!」
と冷たい一言を浴びせたのでした。



054-1.jpg


子供と言われたじいじをじっと見る2匹。
まーくん(向かって右)「子供なのか?そうなのか??」
りりー「あたしは、そうじゃないかと思ってたわよ」




posted by 店長 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月25日

ごちそうさま、ありがとう…

一日の仕事が終わって、近所でお買い物をして、我が家で夕食を作るのが、私の日課です。
ほとんど毎日のことなので、主婦の悩み…「今日は何にしよう?」
主人が、あれこれ食べたいものをいってくれると助かりますが、「なんでもいいよ」が、ちょっと困りますね。
さて、献立が決まり、遅い夕食を作ります。
おなかが空いているので、けっこう手抜きです。
今日の献立は、煮込みハンバーグ。
ハンバーグヘルパーと煮込みソース、ささっとゆでた根野菜で、OK!
主人も大満足で、「ごちそうさま」
私も、にっこり笑って「お粗末さま」と言いかけた途端
「ありがとう、ハウスとエバラ」と手を合わせる主人。
(ばれていたか…)
以来、「ごちそうさま、今日はどこ?」ときく主人。
「カゴメ」とか「味の素」とか正直に答えている私。
「ありがとう、カゴメ」だの「ありがとう、味の素」というお礼の言葉を横で聞いている今日この頃であります。


029-1.jpg

まーくんとりりィちゃんです。りりィちゃんがやられたふりをしてますが、実は強いです。兄妹です。
posted by 店長 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月02日

原子かむら

福島原発の事故以来、新聞紙面に原発の記事が載らない日はないくらいです。
先日も、主人が、新聞を読んでいましたら、
「おい、『原子かむら』ってなんだ?」
とのたまいます。
博学な私も、初めて聞く言葉です。
『かむら』ってなんだろう?
ネットで調べてもわかりません。
「さすがの私もわからん。ちょっと見せて。」
と、生意気な様子で、主人から新聞を取り上げた私。
紙面に大きく「原子力ムラ」
一瞬私も「なんじゃこりゃ?」と思ったけど、
「これって、『げんしりょくムラ』って読むんじゃない?」
「あっ…」
照れくさそうな主人の顔が、とっても新鮮でした。
posted by 店長 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月12日

毎日が地獄

ちょっと前に、雑誌で外国の方たちの間で、漢字が流行っているという記事を読みました。
漢字の意味が解っていないため、タトゥー(刺青)をしたのはいいけど、大きく「台所」と胸に入れてしまったことなんかが載ってて、笑ってしまいました。(その後、日本人の友達に意味を教えてもらい、『キッチン…』と絶句したそうですが)

さて、先日、電車での出来事。外国人のカップルが乗ってきました。とっても細くて可愛らしい男の子と、彼女とおぼしき巨体の女性の組み合わせです。豪快な声でしゃべり、笑う彼女に、伏し目がちに頷く彼。なんだか目が離せないまま、彼のTシャツをふと見ると、そこには大きな筆字で「毎日が地獄」
意味が解ってたら、ただじゃ済まないだろうなあと、余計な心配をしたのでありました。


j0389204.jpg
posted by 店長 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月28日

後ろを走れ

2学期が始まってすぐのこと。
諏訪小学校に通っている孫が、生徒を呼び止めて、始業式の取材をしているテレビ局に遭遇しました。
夏休み期間中に、ローカル局の公開放送に招かれて、テレビ局に興味津々の孫。
それを見たママは、
「H君、今、あの子の後ろを走れば、テレビに映るよ」
とささやきました。
「うん!」と目を輝かせた孫のH君。
自慢の足で、さっそうと駆け抜けました!
カメラマンの後ろを…。
ピースサイン付きで。
見ていたママとお兄ちゃん、脱力。
こんなケースがとっても多くて、話題に事欠かない孫です。


00222811.jpg
posted by 店長 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月24日

あほぼん

私がまだ21歳のころ、仕事先に、ちょっと変わった雰囲気の警備員さんがいました。
小柄な男性で、なんとなくなよっとしていたので、同僚の女性たちからも、「いざというとき大丈夫かしら」とやや不安がられていました。
あるとき、彼本人から、年齢と経歴を知る機会があり、若く見えるけど、ほんとは30歳過ぎているとか、実は陸上自衛隊にいた経験があるということが、判明しました。
さてそこで、質問の声が上がりました。「なんで自衛隊辞めたの?」
「辞めたというより、辞めた方がいいと言われたんだよね。演習の時に、ちょっとあって。」
みんな興味津々です。
「演習の時って、迷彩服を着て、ほふく前進するんだけど、体に草とかでカムフラージュするでしょ。あれがちょっとほかのみんなと揃わなくてさ。」
詳しく聞くと、草の代わりに、お花を飾ってほふく前進してたそうで、上官から
「目立ちすぎ!」と叱られたそうです。
彼曰く「だって、お花の方がきれいだったんだもん」
その話を聞いた同僚たちがつけたあだ名が「あほぼん」あほなボンボンという意味です。
みんな、自分の身は自分で守るしかないと実感したのでありました。


posted by 店長 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月27日

スィッチオン

主人は、自他ともに認めるカッコつけ男。
お洒落な男は、どんな時でも、隙を見せたらいけない、人目を意識するべきだというのが持論です。
先日も、自宅のマンションを出るとき、表玄関のガラス戸に思いっきり膝をぶつけて、かなり痛そうでした。(ドジです)
半分うずくまるように「うーーー」と唸っています。
普段、私が転んだり、何かにぶつかったりするたび、冷たく「何してるの?」目線だったり、無視したりするので、心の中で「うふふ」とほくそ笑んでおりました。
その主人、ガラス戸に向かって悪態をつきながら、よちよちとびっこをひいて歩いていたのですが、外へ出た途端、シャキッと背が伸び、先ほどの痛がり方はどこへやら、びっこもひかず、ゆったりとモデル歩き。
驚愕!この人だれ?さっきの痛がり方、嘘? と思えるほどの変身ぶり。
いわく「どんな時でも、人目を意識するべき。男の美学、スィッチオンだ。」
いやいや、その変身ぶりはすごすぎ。意識しすぎじゃないの?腰が抜けそうでした。
後日、外出先で切羽詰って、障がい者用のトイレを使用した主人、外に高齢者の方が待っていたので、思わず、足を怪我をした人のふりをして、痛そうにびっこをひいたそうです。
この時もスィッチオン?


MC900293686.jpg
posted by 店長 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月25日

ちょっとマズイ

高校生の時、同級生にチカコちゃんという子がいました。
ニックネームが可哀そうなことに「ちかん」
最初はびっくりしたニックネームですが、すぐに慣れて、どこでも「ちかん」「ちかん」と連呼しておりました。
さて、ある日曜日、母親と一緒に浜町アーケードをお買い物中、浜屋デパートの前で、かの「ちかん」ちゃんを発見。
嬉しくなった私は、大声で「ちかーん、ちかーん」と叫び、手を振りました。
一瞬にして周りは凍りつき、ざわめきました。
中年のマダム二人組が「痴漢らしいわよ。あの人」
指差す先を見ると、真っ赤な顔をした大学生くらいのお兄さんが、「ちかん」ちゃんの横を、首を横に振りながら、走って逃げていくところです。
すくそばには、交番があり、お巡りさんがきょろきょろしています。
私と「ちかん」ちゃんは、偶然会えた喜びで手を取り合って、「きゃーきゃー」言いながらも、何事が起ったのか、全然理解しておりませんでした。
「ちかん」ちゃんと別れたあと、母から、「痴漢になにされたの?」と心配されて初めて、とってもマズイことをしでかしたのに気付いたのでした。
あの時のお兄さん、ごめんなさい。
posted by 店長 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

都会育ちなもので

うちの娘は、超方向音痴。配達担当ですが、無事にお届けできるのか、実は不安がいっぱいです。
彼女がまだ結婚前、お友達とお弁当を持ってピクニックがブームになったそうです。
その日は、稲佐山(長崎の夜景が見える山で、テレビ塔が立っています)で、お弁当という話にまとまって、娘が車でお弁当を買っていくことになったそうです。
友達は、娘の方向音痴を知っているので、心配して「一緒に行こうか」と言ってくれたそうですが、娘としては、何度もみんなで行ったことのあるところだし、大丈夫と思ったそうです。
さて、お弁当を調達して、稲佐山に登っているつもりの娘、行けども行けども稲佐山はどこへ行ったのか、たどり着くことができません。(ほとんど一本道なんですけど)
友達が待ってるだろうと焦りまくって、通りかかったお店に飛び込んで道を聞く娘。
でも地元の人間と知られたら恥ずかしいと思ったそうで、都会から来た人のふりをして道を聞いたそうです。
無事、道を教えてもらい、稲佐山についてふと車を見ると、しっかり長崎ナンバー
都会の人のふりをした甲斐もなかったそうです。
ちなみに、お友達は相当待ちくたびれていたということでした。


お弁当.jpg


posted by 店長 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月30日

ろくすけ

長いこと、独身を通していた我が家の長男大輔もやっと結婚してくれました。やれやれ。
お相手は、なんと北海道出身。知り合った場所は、沖縄という、全国縦断スタイル。
なかなかの張り切りガールで、お酒も強い。入籍前から、尻に敷かれておりました。
昨年秋、両家の顔合わせをいたしました。
私以外は、みんなお酒が飲めるので、ビールから日本酒、ワインまで飲みまくりです。
おかげさまで、初対面でしたが話も弾み、楽しく過ごすことができました。
話も佳境に入り、あちらのお父さんが、「ろくすけくん、ろくすけくん」と連発します。
私は、北海道の方言か何かと思いましたが、意味不明。
そのうち、すっかり酔っぱらったお嫁さんが、お父さんに向かって、
「なによ!誰よ、『ろくすけ』って!」と、いきなり切れまくって、叫びだしました。
その瞬間、私は理解しました。
「大輔」と「六輔」。漢字にしたら、似てなくもない。
ま、いまどき、「ろくすけ」というクラシックな名前はあまり聞きませんが。

紅茶3.png
posted by 店長 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月19日

家出娘

私の次女E子は、子供のころから気が強く、頑固なところがあります。
その子が、まだ7歳くらいの頃、実家の母(おばあちゃん)とけんかをして、すっかり拗ねてしまったそうです。
「もう出ていく!」
というのが口癖で、その日も、「またか」とおばあちゃんは、ほったらかしにしていたそうです。しばらくたつと、E子の姿が見えないことに気づきました。
お姉ちゃんのM子も「おや?」と思ったそうで、ふと食卓の上を見ると、そこにはトマトときゅうりが置いてあり、
「これでサラダでも作ってたべてください」
と書置きがあったそうです。
E子本人は、かなりたそがれて、書置きをしたようですが、だれも慌てなかったそうで、予想どおり、夕方には、プチ家出からご帰還だったそうです。
夕食に出たサラダは、当然トマトときゅうりでしたが、E子本人は好き嫌いのため、どちらも口にしなかったらしいです。


ボストンバッグ.jpg

posted by 店長 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記